Javasilver取得講座

プログラミングの基本「プログラミングで計算」

どうもパケです!

今回も、メゾット部分のコードについて

書いていきます

数値、数式の出力

文字列だけではない!数字や数式も!

前回

System.out.println(“どうもパケです”);

というコードをコンパイルして

「どうもパケです」

と出力してみました。

今回は数字や数式を出力してみたいと思います。

まず、数字を出力する場合は

「” ”」(ダブルクォーテーション)で囲う必要がありません。

例えば、System.out.println(30); を

このように記入して、コンソールすると

上の画像のように「30」と出力されます。

また、足し算、引き算などの数式も計算して出力することができます。

System.out.println( 30 + 20 );

System.out.println ( 30 – 20 ); を

上の画像のように記入して、コンソールすると、

50、10と出力されます。

このとき、数字や記号は半角英数字で記入することにご注意ください。

数字や数式も「” ”」(ダブルクォーテーション)

数字や数式も「” ”」(ダブルクォーテーション) で囲うことで文字列として認識されます。

System.out.println( “30 + 20”); と

このように記入して、コンソールすると

計算されずそのまま出力されます。

「30 + 20」 が文字列をして扱われたことになりますね。

足し算、引き算以外の数式

足し算、引き算以外の計算も行うことができます。

しかし、

掛け算は  「*」(アスタリスク)

割り算には 「/」(スラッシュ)

を使用します。

また、割り算を行った際の余りの出力は「%」(パーセント)を使用します。

数学で使用する記号とは異なるので注意してください。

お試しとして

System.out.println( 30 * 10 );

System.out.println( 30 / 10 );

System.out.println( 31 % 10 ); を

このように記入して、コンソールすると

このように出力されます。

まとめ

 

おさらい

・数字や数式は「” ”」(ダブルクォーテーション)が不要
・「” ”」(ダブルクォーテーション)で囲うと、文字列として扱われる
・「*」で掛け算、「/」で割り算、「%」で割り算した際の余りを出力

今回はここまでとさせていただきます。

小学校の時に習った

「×」(掛ける)や「÷」(割る)って

使わないんだなぁ、とそんな印象です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ではでは。

ABOUT ME
パケ
三十路だって、仕事してたって、既婚だってできるんだ! 三十路介護士パケが学んだプログラミングを皆さんと一緒に 年齢なんてか~んけ~いないさ~