Javasilver取得講座

switch文 についてもif文と同じく条件分枝の構文の一つ

今回は switch文 について勉強してきました

switch文  も if文 と同じく

条件分枝の構文の一つとなります

 

この記事の目次(タップして読みたいところへ)

switch文の構文

分岐が多いときに便利な switch文

まず switch文 の構文は以下の通りです

switch( 条件の値) {
case 値1:
処理1;
break;
case 値2:
処理2;
break;
case 値3:
処理3;
break;
default:
処理4;
break;
}

少しややこしようにみえますが

if文と似たようなものとなります

switch の後の( )内の条件の値がcase の値に一致したときに、

そのcase以降の処理を実行します。

例えば、条件の値が値1に一致した場合は

処理1を行います

breakの役割

breakは現在のブロック{ }から強制的に出る命令となります。

処理1を実行した後、もしbreakをつけ忘れてしまうと

case 値2 以降の処理も実行されてしまいます。

switch文 と break はセットという感じですかね

default はどの case にも一致しなかったときに

実行される処理を指定します

if文でいう else のような感じです

上記の例でいうと、どのcaseにも一致しなかった場合

処理4が実行されます

defaultの役割

default  は省略して書くことも可能です

お試しで、3で割り切れる数字か判別する

メソッドを書いていきます

上の図のように、3で割ったときにどれだけ余りが発生するかで

条件分岐してきます

これを保存して実行すると

上の図のように表示されました

これを数字を変更して、実行してみると

上の図のように表示され、条件により表示が変更されたことがわかります

また、どれにも属さない負の整数を入れてみると

上の図のように、default後の処理が実行されたのがわかります

今回はここまでとさせていただきます

breakはついつい忘れてしまいがちなので注意が必要ですね

次回は、論理演算子について

書いていきます

ではでは

ABOUT ME
パケ
三十路だって、仕事してたって、既婚だってできるんだ! 三十路介護士パケが学んだプログラミングを皆さんと一緒に 年齢なんてか~んけ~いないさ~