Javasilver取得講座

Javasilverプログラミング講座「break continue」

どうもパケです

今回はbreak、continueについて

書いていきます

この記事の目次(タップして読みたいところへ)

1、 break とは

前回、繰り返し構文のfor文、while文について書きました

どう違う?「for文」と「while文」どうもパケです 今回は前回に引き続き繰り返し構文のひとつ while文について書いていきます 1、どう違う?for文とwh...

どちらも繰り返す条件が false となれば処理をループの抜けるという構文
でしたが

それ以外にも処理のループを抜ける方法があります

それが  break です

break を使うと処理を強制的に終了させることになります

これをif文などの条件分枝を組み合わせることで

任意の場所で繰り返し処理を終了することができます

2、 break の使い方

今回は  break の使い方について

1 ~ 100 までの数字を表示するという

シンプルなプログラムで説明していきます

1 ~ 100 までの数字を表示する のをfor文で書くと

for(int i = 1 ; i <=100 ; i++){ System.out.println(i); } のように書きます

こちらを 20 までで表示を中止したい場合

if文とbreakを組み合わせることで中止することができます

書き方はこちらです

for(int i = 1 ; i <=100 ; i++){ if( i > 20){

break;

}

System.out.println(i);

こちらを保存して出力すると

i が 20 を超えたときに

繰り返し処理を抜けることができました

2. continue とは

break文では繰り返し処理を中止していましたが

continue文では繰り返し処理を中止せず

その周の処理をスキップします

では先ほどの 1 ~ 100 までを表示するプログラム

for(int i = 1 ; i <=100 ; i++){ System.out.println(i); } こちらに if文 と  continue を組み合わせて 奇数の数字のみスキップするプログラムにします 書き方はこちらです for(int i = 1 ; i <=100 ; i++){ if( i % 2 == 1 ){ continue; } System.out.println(i); } こちらを保存して出力すると

奇数の処理をスキップして偶数を表示することができました

まとめ

今日のおさらい
  • break文は強制的に処理を中止させる
  • continue文は処理は中止せず、その周の処理をスキップする

break、continue は java silver の試験にも

よく問題として出題されやすいとのことでした

今回はここまでとさせていただきます

次回は 配列 について書いていきます

ではでは

ABOUT ME
パケ
三十路だって、仕事してたって、既婚だってできるんだ! 三十路介護士パケが学んだプログラミングを皆さんと一緒に 年齢なんてか~んけ~いないさ~