Javasilver取得講座

クラスとメソッド【Javasilverプログラミング講座】

どうもパケです

今回は クラスとメソッド についてです

今日の内容
  • Javaプログラムにクラスとメソッドは必須
  • mainメソッドが最初に実行される
  • public static void メソッド名(){ }でメソッド作成
  • メソッド名(); でメソッドを呼び出す
  • メソッドを呼び出す際に、引数(ひきすう)と呼ばれるデータを渡すことができる
  • メソッド名(引数); で引数を呼び出すメソッドに渡す
  • 引数を使用する場合は 、呼び出されるメソッドは
    public static void メソッド名(データ型 仮引数){ } と書き、仮引数が必要
  • メソッド名(引数1,引数2,・・);
    public static void メソッド名(データ型 仮引数1, データ型 仮引数2,・・ ){ } で複数定義可能

以上の内容を詳しく解説していきます

1、Javaプログラムにクラスとメソッドは欠かせない!

Javaプログラムには、必ず

  • クラス
  • メソッド

この2つがあります

メソッド・・・・何らかの処理を行う、小さな部品

クラス・・・・・その小さな部品をまとめている大きな部品

といったイメージです

いままで紹介してきたプログラムは

Sample01 というクラスの main メソッドを使っていました

main メソッド は最初に実行される基本のメソッドです

まずは main メソッドからソースを読んでいくということですね

2、メソッドの作り方

メソッドの書き方

public static void メソッド名(){

処理

}

このように書きます

public static void の意味はとりあえず必要

という感じで最初は大丈夫です

メソッド名は変数名などと同じく、好きな名前にできますが

中の内容がわかるようなメソッド名にしたほうが良いです

3、同一のクラス内にあるメソッドの呼び出し

同一のクラス内にあるメソッドの場合

メソッドを呼び出す場合は

メソッド名();

で呼び出すことが可能です

今回はお試しとして

パケの伸長と体重を表示するメソッドを

同じく  Sample01 クラス内に作り

main メソッドから呼び出していきたいと思います

まずは  Sample01 クラス内で、main メソッドの枠の外に

public static void pake(){

int height = 170;
int weight = 60 ;

System.out.println(“パケの伸長は” + height + “cmです”);
System.out.println(“パケの体重は” + weight + “kgです”);

}

と記入します

これで  pake() というメソッドが完成しました

しかしこの状態で保存して出力しても何も表示されません

ここで main メソッドより  pake() メソッドを呼び出すため

mainメソッドに pake(); を記入します

これを保存し出力すると

無事 pake() メソッドを呼び出すことができました

イメージでいうと

こんな感じです

4、データをお届け!引数(ひきすう)とは

メソッドを呼び出す際に

同時に呼び出すメソッドにデータを渡すこともできます

そのデータのことを 引数(ひきすう) を呼びます

引数を渡す際は

まずは、呼び出される側のメソッドが

引数を受け取れるようにしておかなければなりません

その際に必要なのが 仮引数 という変数です

public static void メソッド名(データ型 仮引数){

処理

}

と書くことにより、引数を受け取ることができます。また、

public static void メソッド名(データ型 仮引数 , データ型 仮引数 ){

処理

}

と「 , 」(コンマ)で区切ることで、複数の引数を受け取ることも可能です

このように仮引数を定義したら、

メソッドを呼び出す側にて

メソッド名(引数);

複数であれば

メソッド名(引数1,引数2,・・);

で仮引数に引数を渡すことができます

試しに、先ほどのパケの伸長と体重を表示するメソッドを

引数を使用して出力してみたいと思います

まずはpake() メソッドを

public static void pake(int height,int weight){

System.out.println(“パケの伸長は” + height + “cmです”);

System.out.println(“パケの体重は” + weight + “kgです”);

}

 

このようにheight , weight を仮引数として定義し

引数を受け取れるように変更します

今度は、main メソッドに

pake(170,60); と記入し、保存して出力すると

同じくパケの伸長と体重を表示することができました

引数を使わない書き方は

上の図のように書いてましたので、少し違いがありますね

イメージでいうと

 

まとめ

今日のおさらい
  • Javaプログラムにクラスとメソッドは必須
  • mainメソッドが最初に実行される
  • public static void メソッド名(){ }でメソッド作成
  • メソッド名(); でメソッドを呼び出す
  • メソッドを呼び出す際に、引数(ひきすう)と呼ばれるデータを渡すことができる
  • メソッド名(引数); で引数を呼び出すメソッドに渡す
  • 引数を使用する場合は 、呼び出されるメソッドは
    public static void メソッド名(データ型 仮引数){ } と書き、仮引数が必要
  • メソッド名(引数1,引数2,・・);
    public static void メソッド名(データ型 仮引数1, データ型 仮引数2,・・ ){ } で複数定義可能

今回はここまでとさせていただきます

クラスとメソッドはJavaプログラムの

とても大切な根幹とも言えます

初心者の私は、ここを理解するのに苦労しましたので

丁寧に書いていけたらと思います

次回は 戻り値 について

書いていきたいと思います

ではでは

ABOUT ME
パケ
三十路だって、仕事してたって、既婚だってできるんだ! 三十路介護士パケが学んだプログラミングを皆さんと一緒に 年齢なんてか~んけ~いないさ~