Javasilver取得講座

戻り値とは【Javasilverプログラミング講座】

どうもパケです

今回は 戻り値 について書いていきます

1.戻り値とは

メソッドに渡す値のことを 引数 と呼びました

クラスとメソッド【Javasilverプログラミング講座】どうもパケです 今回は クラスとメソッド についてです 以上の内容を詳しく解説していきます 1、Javaプログラム...

これに対して メソッドから戻ってくる値のことを 戻り値 と呼びます

戻り値をポテトサラダに例えてみた

「じゃがいも」「きゅうり」「マヨネーズ」で【ポテトサラダ】を作るときに

「じゃがいも」「きゅうり」「マヨネーズ」 が 引数

混ぜるというメソッド に渡して

【ポテトサラダ】 が 戻り値 として戻ってくる

というイメージです

 

2、戻り値の使い方

戻り値のあるメソッドの書き方は

public static 戻り値のデータ型 メソッド名(データ型 変数名1, データ型 変数名2,・・){

return 戻り値;

}

と記述します

前回 クラスとメソッド で学んだ 戻り値のないメソッド の書き方は

public static void メソッド名(データ型 変数名1, データ型 変数名2,・・){

処理

}

でした

void の部分が  戻り値のデータ型 に 変わっていますね

実は  void とは 戻り値なし という意味なんです

戻り値のあるメソッドに void とつけてしまうと

エラーとなってしまうので注意してください

3、戻り値の具体例

今回は、パケの数学、理科、社会の3科目の平均点を表示する

プログラムにて説明していきます

まずは、 テストの平均値を返す average メソッド を記述します

Sample01 クラス内の main メソッド の外に

public static double average(double math,double science,double society){

return (math + science + society) / 3 ;

}

と記述します

3で割るため、小数がでる可能性があるので double型 にて

定義しています

これで、3科目の 引数 を受けて 平均点 を返す準備ができました

今度は  mainメソッド にて

double pakeAverage = average(60,75,30); と記入し

pakeAverage に average  メソッドから返ってきた  55.0 という値を代入します

最後にmainメソッドにて

System.out.println(“パケのテストの平均点は” + pakeAverage + “でした”);

と記述し、保存して出力すると

このようにパケの平均点を表示することができました

4、違いに注意!戻り値が あり と なし

初心者の私は、このあたりが難しく感じたため詳しく説明します

先ほどの戻り値をつかって平均点を求めるプログラムは

このようなイメージで

引数を  average  メソッド に渡して

値 となって返ってきて、その値をmainメソッドで表示しています

平均点を表示するメソッド

これを、戻り値がない書き方をすると

このようになります

戻り値の ある ない

戻り値が ある 場合は、値となって  mainメソッドに戻ってきている

戻り値が ない 場合は、メソッドごと mainメソッドに呼び出している

 

戻り値とは:まとめ

今日のおさらい
  • メソッドから戻ってくる値のことを 戻り値
  • 戻り値があるメソッドは
           public static 戻り値のデータ型 メソッド名(データ型 変数名1, データ型 変数名2,・・){
           return 戻り値;}
  • void とは 戻り値なし という意味
  • 戻り値が ある 場合は、値となって  mainメソッドに戻ってきている
          戻り値が ない 場合は、メソッドごと mainメソッドに呼び出している イメージ

今回はここまでとさせていただきます

最初は複雑そうに感じたのですが

今はなんとか(笑)理解できていると思います

次回は オーバーロード いろいろなメソッド について

書いていきます

ではでは

ABOUT ME
パケ
三十路だって、仕事してたって、既婚だってできるんだ! 三十路介護士パケが学んだプログラミングを皆さんと一緒に 年齢なんてか~んけ~いないさ~